あけぼの幼稚園

教育の方針と内容

 

教育の方針

 

一生のうち心身共に最も発達の著しい幼児期の適切なる教育は、人間形成の基礎を培う上に、大きな意義を有するものです。
各ご家庭におかれましても、それぞれ立派な教育をなさっておられることと思います。しかし、子どもは大人の小型ではありません。
幼児は幼児同士の、明るくのびのびとした遊びや生活経験の中に、自立自制の芽ばえを育みつつ、よい生活習慣や豊かな情操を身につけていくことが、自然の教育であるわけです。
本年は、職員保護者との綿密な連絡をとり、幼児の人格形成に適した教育環境をつくり、個性本意の小グループ教育によって、将来社会人となる為の基礎づけをすることを教育の方針と致します。

 

体育あそび

 

「心と体をよりよく伸ばそう」を目標に大いに体育面で力をつけ、幼児体育専門講師により マット、鉄棒、跳び箱、ボール、ゲーム遊び等で、のびのびと運動致しております。運動神経を鍛えれば頭脳の発達を促し、従って考える力を養い、子どもなりに判断できる力を養います。

文字と数

 

絵本や積み木あそびで文字に親しみ、数遊びは教材を用いて、実際に自分の目で見、手で確かめながら、思考力の基礎を養っていきます。

音楽

 

リズム遊びや楽器あそび、器楽合奏は、目 耳 手が一体となってはたらき、正確なリズムとメロディーに全身を集中、責任感が生まれ、美しい情操が培われます。

英語

 

いまや英語は、日本の文化の中に浸透し、日常英語は欠かせません。
英語は、音楽と同様、早いうちから英語の音感と感性を育てることが大切です。
※当園では、英語を外国人の先生と遊び感覚で学べます。

保育の内容

 

体育ローテーション
課題活動
設定保育
自由遊び
英会話
体育レッスン

ホームへ戻る